「みどりと気付きの書棚」

『パイナップルぷるぷる本』

DSC_4265m.JPG

トロピカルフルーツの中で、バナナについで身近な果物、パイナップル。8月17日のパイナップルの日に発売された本書は、パイナップルについて徹底的にそして愛情深く綴られた「パイナップル読本」です。

パイナップルにとりつかれたルポライター谷山武士が日本中を歩き回り、歴史や植生、食べごろやパイナップル料理のレシピ、美肌との関係を探る研究所まで潜入し、パイナップルの魅力の本質に迫ります。

小林紀晴の美しい写真と鈴木克彦のやさしいイラストを贅沢に使った本編と、巻末にコネタ満載の「パイナップル新聞」。あの果皮の模様、フィボナッチ数列なんです。もう、ただのフルーツには見えないですね。

パイン飴のような鮮やかな黄色に、キラキラのパイナップルが金箔でほどこされた装丁は、その手触りまで実はパイナップル。美しき人のためのフルーツ、パイナップル。ペンは刺さないでお楽しみください。

著者:谷山武士
イラスト:鈴木克彦
写真:小林紀晴
出版社:コスモの本

2017.3.02 Yoshitaka Haba : BACH

幅 允孝(はばよしたか)

幅 允孝(はばよしたか)

BACH(バッハ)代表。ブックディレクター。国立新美術館ミュージアムショップのスーベニアフロムトーキョーやLOVELESS、CIBONEなどにおける本のディレクションのほか、編集、執筆など、本周りのあらゆる分野で活動中。今年に入ってから、SHIBUYA PUBLISHING BOOKSELLERS、大阪の阪急百貨店メンズ館のThe Lobby、銀座のHANDS BOOKSがオープンしました。

URL: www.bach-inc.com

Books 最近の記事

2016 Nov 28

『名画のなかの犬 THE BOOK OF THE DOG』

"人間の最良の友"そう呼ばれ、長い歴史を共に過ごしてきた犬たち。 古くは1700年代から、現代の作品まで、古今東西の作家たちが愛した犬たちの姿をとどめた名画を…

2016 May 05

『むしのほん』

道徳や倫理観をひけらかし正しさをふりかざすフリをせず、常に冷静、冷徹に人間を見つめた絵本作家の故エドワード・ゴーリー。それゆえに「世界一残酷な絵本作家」とさえ…

2016 Feb 04

『The Great Wide Open: New Outdoor and Landscape Photography』(Die Gestalten Verlag)

この写真集はアウトドアへの渇望を満たし、さらなる自然へのあこがれを抱かせてくれる。 アイスランドからモンゴルまで、地球上のはっと息を呑むような景色がまるで旅す…

みどりと気付きの書棚
バックナンバー